インフォメーション

2020-02-17 00:26:00

バックナンバー[2014年執筆]心理コラム㉓(恋愛心理学編④)「恋」to「愛」の違いtoラブスタイル

コラム23.jpg

コンビニLAWSON滋賀(Free! paper)
ピーナビ2014年に執筆しました。
バックナンバー心理コラム㉓を紹介!!
 執筆者:滋賀カウンセリングHealingRoom373代表南敦規
(一般社団法人メンタル心理マイスター協会理事長南敦規)

 

●「恋」とは、願望や欲望に駆られて心が動く気持ちや

相手を恋い慕って思い悩む気持ちです。

恋は片思い、恋は自己満足、恋は奪うもの、恋心は

不安定な気持ち。恋は、一人でもできるもの。

「恋をしている」は、一人での行為です。

 

●「愛」とは、相手の立場になって物事を考える思いやり、

慈善的な心で相手のために尽くそうという純粋な気持ちです。

愛は自己犠牲、愛は与えるもの、愛する気持ちは、安定

しています。愛は、二人でないとできないもの。

 

「愛をする」とは言いません。

「愛し合う」、「愛する」とは、相手がいて、相手もこちら

を思っている場合だけです。一人で「彼(彼女)を愛している」

と言っている人がいたら、それは誤りで、あなた自身が、

相手に対して「恋をしている」状態です。

 

では、「恋愛」とは?

 

●「恋愛」とは、特定の相手を恋い慕い、慈しむ二人の関係です。

心理学者リーは、「恋愛」は6つの恋愛色彩理論「ラブスタイル」

があると提唱しております。

 

人の愛し方は6つのタイプに分かれており、この恋愛スタイルを

知ることは、自身の恋愛の価値観と相手の価値観を知るヒント

になります。

 

①エロス(美への愛)恋愛至上主義、外見を重視する。

ロマンティックな雰囲気を好む。

 

②ルダス(遊びの愛)恋愛をゲームとして楽しむ。

複数の相手と同時に恋愛出来る。相手に執着しない。

 

③ストルゲ(友愛的な愛)長い時間をかけて育む友情的恋愛。

比較的安定した関係が続く。

 

④マニア(熱狂的な愛)独占、嫉妬、悲哀など

激しい情緒を伴う恋愛。

 

⑤プラグマ(実利的な愛)恋愛を自己価値の上昇手段。

社会的地位や経済力を重視する。

 

⑥アガペー(献身的な愛)相手の利益を最優先、

自分を犠牲にする。見返りを要求しない。

 

皆さんはどのラブスタイルでしょうか?

 

それでは相性が良くないパートナーを見てみましょう。

 

★(②遊びの愛)to(⑥献身的な愛)=(×)

 

★(①美への愛)to(⑤実利的な愛)=(×)

 

★(③友愛的な愛)to(④熱狂的な愛)=(×)です。

 

現在のパートナーと恋愛の価値観が合わないとすると

ラブスタイルが異なるかも知れません。

どの恋愛スタイルが正しいと言うことはないのですが、

恋愛には6通りのスタイルが存在するのです。

 

恋愛は、「恋」から始まり「愛」となり「恋愛」から

「相性」の問題となるのです。たとえ相性が悪くても

「愛」で乗り切る方もおられるでしょう。

 

●ラブスタイル診断●

心理テスト36-1.jpg

心理テスト36-2.jpg