インフォメーション

2020-02-16 23:56:00

バックナンバー[2014年執筆]心理コラム心理コラム㉑(恋愛心理学編②)恋愛における「コスト」と「報酬」

 

コラム21.jpg

コンビニLAWSON滋賀(Free! paper)
ピーナビ2014年に執筆しました。
バックナンバー心理コラム㉑を紹介!!
 執筆者:滋賀カウンセリングHealingRoom373代表南敦規
(一般社団法人メンタル心理マイスター協会理事長南敦規)

 

人間関係において、人は、得られる「報酬」

費やす「コスト」を引いた「成果」が大きくなる

ように行動しやすいです。

 

「コスト」に対して「報酬」が大きいほど満足度が高いです。

心理学では、社会的交換理論といいます。

この理論は恋愛関係においても同じ様に働きますが、実際は、

少し違いがあります。

 

恋愛の場合には成果が大き過ぎると相手に対して罪悪感

感じてしまい、満足度が低下するためです。

 

★恋愛における「コスト」★

例えば、 相手と会うための時間など、やりたいことを

我慢して相手に合わせるなどです。

プレゼント(物品)のために働いて金銭を稼ぐなどです。

 

★恋愛における「報酬」★

例えば、金銭、物品、安らぎ、ありがとう、

信頼感など(ディナーや誕生日プレゼンなど)です。

 

恋愛において大切な事は、「報酬」「コスト」

「バランス」がもっとも重要となります。

 

相手に尽くし過ぎると、相手からすると「報酬が大きい」

ため罪悪感を感じてしまい、逆に満足度が低下します。

 

相手を束縛(嫉妬)し過ぎると、相手からすると

「コストが大きい」ため束縛感を感じてしまい、

満足度が低下するので恋愛関係は、長続きしません。

 

恋愛関係をうまく続けるためには、当たり前かも

しれませんが、相手から何かしてもらったら、

必ずお返しをすることです。

 

たとえ「ありがとう」の言葉だけでも凄く大切です。

お互いに「報酬」「コスト」がほぼイコールか、

報酬がコストより少し多いことで、相手との「成果」

にあまり差がない状態が、二人の関係をうまく続けら

れるポイントになります。

 

相手を束縛(嫉妬)しては、いけない訳ではなく

「し過ぎない」ことです。

 

例えば、「友達と1泊2日の旅行に行ってくるね」

対して、相手の返答が「ふん~」だけでしたら

「私の事は少しも気にならないの?」と相手が思

ったりします。

「どこに行くの?」「友達って誰なの?」と軽く

束縛(嫉妬)があると、相手は愛情(ラブ)を感じる事が

できます。何事もバランスが大切です。