インフォメーション

2019-08-03 16:49:00

子育て&人材育成

 

www.instagram.com

www.instagram.com

 メンタル03.jpg

メンタル01-2.jpg

行動をほめるのではなく存在をほめる

道徳的行動(行動を叱り、存在をほめる)

心理学者ジョアン・グルーセック提唱

道徳的行動(行動を叱り、存在をほめる)

心理学者ジョアン・グルーセック(実験)

 

ビー玉で遊んでいる子どもたち何人かにお願いして、

友だちにビー玉を分けてもらいました。

Aチームの子どもには

「君は良い事をした。素晴らしい事だ。人の役に立つ事をした」と行動をほめる

Bチームの子どもには

「君は友だちを喜ばせた。素晴らしい子だ。人の役に立てる子だ」と人柄をほめる

2週間後、Aチームのうち10%がBチームのうち45%が入院をしている

子どもを元気づけるためのプレゼントをした。

 つまり人柄をほめると、道徳的なおこないを増やしてくれる。

 

行動をほめるのではなく存在をほめるとは?

「素晴らしい事をしましたね」と行動をほめるより
「あなたは、素晴らしいですね」と存在に結びつ
けてほめた方が、意識の深いところに届きます。

 

人格否定せず行動を叱る

 

叱るときに「何やってるの」「そんなこともできないの」と人格否定
して叱るより「やり方を変えて次は、こうしてみよう」と行動や環境
と結びつけて叱る方が行動を直してくれやすいです。

※行動を叱り、存在をほめることで、モチベーションを上げさせる上で重要です。

 

アサーションお勧め

(行動を叱り行動変容のお願いする)

例えば<起きた出来事>にたいしてアサーション(行動を叱り行動変容のお願いする)

★待ち合わせ時間に遅れて、約束を守れないあなたは、最低!普通は守るはず!

ポイント(人格否定して叱らない、他者と比較して叱らない)

アサーションDESC法の仕方>伝え方スキル

(事実を伝える)・・・・・・時間に遅れて、来ることで

(自分の気持ちを伝える)・・私は、何かあったのかと心配したよ(I(私)メッセージ)

(提案やお願いをする)・・・次回から時間に遅れる時には連絡してもらえる?

(結果を示唆する)・・・・・そうしてもらえると、助かります。

 

相手を変えるのではなく

自分(伝え方)を変える!

相手の行動を良いとか悪いとかの評価を下さず、自分の気持ちを率直に表現するだけで、それによって相手の行動が変わろうとなかろうと問題にしません。自分の気持ちを語っている分は、相手は傷つかないものなのです。

 

『怒る』と『叱る』の違い

×『怒る』⇒相手に自分の感情をぶつけ相手の行動を止める=いっこうに改善しない!

○『叱る』⇒相手に成長・ビジョン・気づきの機会を与える=自己成長のキッカケとなる!

 

「叱る」時には、「自分の怒りを静める」ことが大切

相手はミスをしたことは十分承知していますので、感情的に「なぜ同じ失敗をするの」と指摘しても相手は「そんなこと言われなくても分かっているよ」と逆に腹を立てます。まず感情的にならず、相手の状況を「受け入れる」ことです。いつも同じミスをすることを理解した上で、「どうした、君らしくないミスだね」、「ミスした原因は何だと思う?」、「同じミスをして欲しくないと私は思うのだが、どうすればミスをなくすことができるかな?」などと言えば、相手は問題を受け入れ「集中力がたりなかった」などミスに対する原因を考え、改めることができます。

 

正しく「叱る」ポイントは、「人」と「事」を分けて、

人を攻撃せず、事柄を改善することです。

そのためのアプローチ法として、I(私)メッセージで話すように心がけます。ミスに対して、「私はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」などと、相手に答えを求められる話し方をすると、「どうだろう?」と考えることができ、「あ、そうか!」と原因に気づくことができます。

Iメッセージで話す。

「私はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」

「同じミスをして欲しくないと私は思うのだが、

どうすればミスをなくすことができるかな?」

NG!(×)「○○君は、あんなミスをしないよ」  

他人と比較しないこと!(人格を否定しない)

NG!(×)「君がミスしたことで残業になったよ」

人を攻撃せず、事柄を改善すること!

 

効果的に励ますためのコツ!

・可能性を引き出す!「君ならできると私は思う」 

・やる気を引き出す!「思い切ってやってみよう」 

・見方やとらえ方を変える!「あと10分もある」 

・繋がり感を高める!「いつも見ているからね」

・安心感を持たせる「私がフォローするから、君は、おもいっきりやっていいよ」

最近ニュースなので、指導者の暴力などが取り上げられていますが、

感情的な指導では、選手の能力が伸びず、恐怖だけを植え付けるだけで、

なにも改善されないと私は、思います。

感情的になって怒ってしまうと思う人は、しっかり叱れる人になってみませんか?

 

一般社団法人メンタル心理マイスター協会HP

shigacounseling.jp