インフォメーション

2018-03-02 21:46:00

心理コラム61「京都橘高校吹奏楽部の金丸仁美さんのモチベーションの薦め」

コンビニLAWSON滋賀(Free! paper)ピーナビ
(彦根、米原、長浜、東近江、近江八幡)
設定の地域情報誌に連載中の
心理コラムの紹介です。
その他、サンミュージック書店、
平和堂ビバシティにも設置!ピーナビ65
ピーナビ65心理コラム61メンタル心理マイスター協会南敦規
ピーナビローソン設置

心理コラム61モチベーション②
「京都橘高校吹奏楽部の金丸仁美さんのモチベーションの薦め」


今回の心理コラムは、金丸さんのモチベーションに

感銘を受け執筆を致しました。

京都橘高校3年の金丸さんは、生まれつき左足の膝

から下がなく義足です。

京都橘高校吹奏楽部は、激しいステップと力強い

演奏が持ち味で、鮮やかなオレンジで難易度の高い

演技を笑顔でこなすことから、オレンジの悪魔と

言われ、マーチングの全国コンテンストで過去3回、

金賞を受賞するなど強豪校として知られ、義足の

ハンデにもかかわらず2018年の元日はローズ

パレード(全米最大のパレード)アジア・オセアニア

地区の代表として活躍されました。

金丸さんは、幼い時、人から見られるのが嫌で、義足

を隠すためにズボンを履くことが多かったそうです。

この時は”劣等感(劣等性)”直面している状態です。

「自分は、他人と比べて劣っている」と感じている状態です。

しかし、金丸さんは、あるひ「スカートを履きたい」と

思ったそうです。ここが、モチベーションのポイントです。

目的、理由、~得たいと“抽象的”な思考で、小さな行動

を大きな意味に思考する!次に金丸さんは、

「スカート履いたら絶対見えちゃう!」

「スカート履きたいからいいか」と新たな取り組み、

不慣れなことを“具体的”な思考をして、具体的行動に

思考をしています。抽象的思考=目的を知ると

モチベーションを保てる。具体的思考=難しい何かに

挑む時に具体的な行動に集中するとモチベーションを

保てるのです。この考え方は、メンタルトレーニング

にも用いる考え方です。その後、金丸さんは、

「見られているのを気にしたからといって、も何も変えられない」

と思ったそうです。この考え方(受け止め方)は、

健全な劣等感(劣等性)と変容されています。

健全な劣等感とは、他者との比較のなかで生まれるのではなく、

理想の自分との比較から生まれるものと言う考えです。

そして、この続きは、情報マガジン

ピーナビVOL65を覧ください。

心理テストも執筆しております(60回目)

「目標タイプ診断」です。

あなたは「証明型」「習得型」どちらの目標タイプ?

こちらも合わせてご覧ください。

滋賀のLAWSON(コンビニ)にお越しの際に
レジ前に置いてますので読んで
頂けると幸いです。

心理コラム執筆者
一般社団法人メンタル心理マイスター協会 理事長南敦規
http://shigacounseling.jp/